港南区の代行|港南区車庫証明代行WEB

港南区の代行|港南区車庫証明代行WEB

港南区の代行|車庫証明代行WEB

こんにちは。

 

 

横浜市の行政書士高橋です。

 

 

最近話題になっているのが、車庫証明申請書の添付書面の一つ、承諾書の使用期間の始期です。

 

 

このケース、前にも港南区でもありました。(記憶は定かではないのですが)

 

 

どんな話かというと、使用期間の始期(始まる年月日)が来ていないのに、車庫証明係は申請を受理するのか、という問題です。

 

 

例えば8月25日に車庫証明係の窓口に行き、使用期間が8月26日から1年となっていたら受理されるのか?

 

 

大原則として、受理しない取扱いがなされています。車庫法や規則には特に使用期間の始期については定めがなく、警察内部のルールなのだと思います。 

 

 

そうすると、なにも考えないで、事例の書類をだすと受け付けてもらえません。

 

 

しかし、例外的になんらかの事情があれば受理されることもあるようです。もちろん確定期限が遠い将来に設定されていると受理されませんが、事例のように1日違いなどの場合は車庫証明を受理してくれる可能性は十分にあります。

 

 

今日の港南警察に出した承諾書の始期は既に到来していたので問題ありませんでした。

 

横浜市内でも、恐らくルールはあるが車庫証明の担当の裁量による部分も大いにあるので、問題の帰着はないのですが、そういう部分も車庫証明係のチェックの対象になっていることは覚えておくと良いです。 

トップへ戻る