青葉区に提出です、|青葉区車庫証明代行WEB

こんにちは

 

 

横浜市の行政書士高橋です。本日も車庫証明の備忘録を書いていきます。

 

 

やっぱり思うのが青葉区って遠い!ということです。保土ヶ谷区から緑区、都筑区をまたいでようやく青葉区ですから。その先は川崎です。

 

 

それなら値上げすれば採算はとれるでしょ?ってことですが、当事務所はシンプルに横浜一律料金としているわけで、青葉区だけ+1,000円というわけにはなかなかいきません。

 

 

とは言いつつも、事務所経営をしているわけで、報酬が生活に直結しているので、いつか料金を変更することがあるかもです。

 

 

では実際に青葉区に行くとどのくらい時間がかかるのか、最低時給は賄えるのかをリアルに見ていきます。

 

 

青葉区の車庫証明のご依頼をうけて、当日直行するのですが、事務所から青葉区まで50分かかります。

 

 

現地確認をするので30分、警察への移動で、15分としましょう。申請だけで95分かかっています。

 

 

中二日後に青葉警察に車庫証明を受け取りに行きますので約50分、受領後は送付状や請求書の用意があるので+30分といったところでしょうか。つまり受領日には80分かかります。

 

 

車庫証明の申請と受領を合計すると175分です。およそ三時間です。

 

 

報酬が6,480円なので、3で割ると2,160円です。パッと見わりのいい時給だと思いますが、スムーズに現地車庫を見つけられることが少ないし、交通渋滞や、書類の記入や発送準備にとまどうことも多々あります。

 

 

ですから、体感的には1000円ぎりぎりの時給と感じるわけです。時給をあげるためには申請する場所を近くにすればいいわけだから、青葉区はやはりとおりですね。

 

 

決して青葉区をディスっているわけではなく、事務所から遠いという話ですのであしからず。

 

本日もありがとうございました。

トップへ戻る