港北警察への申請|横浜の車庫証明行政書士ブログ

港北警察への申請|横浜の車庫証明行政書士ブログ

港北警察署へ車庫証明申請 | 横浜市の車庫証明代行WEB

こんにちは。横浜の行政書士たかはしです。(前回:保土ヶ谷警察署に車庫証明申請しました。

 

本日は横浜市港北警察への申請です。

 

お客様は東北方面のでディーラー様。(ご依頼いつもありがとうございます!)

 

そして申請者は法人です。駆け出し行政書士としては個人のユーザー様よりすこし肩がこわばる法人様ユーザーのパターンです。なんでかというと車庫証明申請書の使用の本拠の位置や、営業所の所在証明など車庫証明申請では変則的な取り扱いが必要だからです。

 

今のレベルだと正直「怖い」。でも怖さが慎重さをあげてくれるのでしっかり業務をこなします。こういう不安ってサラリーマンでは感じることができないもので、こんな不安はじめて!っていう状態になります。

 

自立するのは大変ですね。だからこそ先輩行政書士の存在は絶対に必要。本当に心強い存在で感謝しています。

 

今回は横浜市港北区の営業所兼車庫のケースです。過去に別の車両で車庫証明を取っていたとのことですが、現在その車両はもう存在せず代替え車両として車庫証明申請書と配置図に記載して申請しました。

 

いざ、車庫の現地確認へ

 

行ってみるとお客様から聞いた事前の情報と少し違います。お客様からは倉庫内に駐車スペースがあり、そこを車庫証明申請しているとのこと。

 

しかし現地の倉庫にはシャッターが閉まっている。これでは中が確認できません。

 

すかさずディーラー様に電話してみました。昼時なのでビジネス的にはNGでしょうね。申し訳ありません。

 

「倉庫のシャッター締まっていて中が見れません・・どうしましょうか」
「実は倉庫の外で車庫証明を取る予定です。」

 

なるほど、解決しました。こういうこともあるから車庫証明業務ではかならず現地確認をすること。勉強になります。

 

この車庫の場所が横浜市のはずれの方にあり港北警察まで距離があるので急いで移動です。あいにくのつゆ空になってきたからです。

 

港北警察にすかさず入り、所在図に補足を書き加え車庫証明を提出です。慎重に使用の本拠と保管場所を書き込みました。

 

担当の方に受理していただき、受領証を無事受け取れました。う〜ん、やはり法人様は緊張します。港北警察も中二日で車庫証明は出来上がります。

 

本日もありがとうございました。

トップへ戻る