所在図・配置図の書き方|神奈川県の車庫証明

所在図・配置図の書き方|神奈川県の車庫証明

所在図・配置図の書き方|横浜市の車庫証明行政書士高橋事務所

行政書士神奈川県

 

自宅を車庫とする場合の所在図の書き方
(神奈川県警の書式を引用)

 

申請等に係る自動車の使用の本拠の位置が自動車の保管場所の位置と同じ(つまり自宅を車庫とする)であるときについて、

 

所在図の添付は原則必要ありません。
→ただし、警察担当が保管場所の付近の目標となる建物などを知るために所在図の提出を求める場合もあります。

 

 

配置図について保管場所に接する道路の幅員、保管場所の平面(縦、横)の寸法をメートルで記入してください。箱型の場合は車庫の高さも書いてください。

 

 

 

行政書士神奈川県

 

他人の土地を車庫とする場合の所在図の書き方

 

 

 

 

 

保管場所の所在図はだれが見ても申請者の自宅と保管場所の位置がわかり保管場所へ行くことができるように書く車庫証明申請の添付書面です。

 

所在図はネットをコピーしたものや、住宅地図を参考にしたものでも大丈夫ですが、著作権に直接触れるような書面は車庫証明申請時に受理されない場合がありますのでご注意ください。

 

ゼンリンの地図をコピーする場合はゼンリン許諾シールを別途購入して貼り付けましょう。

 

ゼンリンの許諾済み地図をダウンロードする方法もあります。

 

いずれにしても著作権法に触れない形で申請すべきと考えます。

 

手書きの場合はランドマークとなる建物や目標物を直接書き込んでください。

 

自宅と保管場所(車庫)を赤いラインマーカーなどで囲うと親切です。この部分は自宅である旨や車庫である旨を付記しましょう。

 

あくまでも直線距離で自宅車庫間が2キロ以内であることが最も重要です。

 

配置図は保管場所の周囲の建物や空き地、道路等を記入しましょう。

 

また、保管場所を赤色でぬりつぶし、保管場所(車庫)の平面寸法及び保管場所に通じる道路の幅員を明記してください。

 

車庫が屋根付きの場合などは幅、奥行きに加え、高さも書き込みましょう。

 

 

駐車場にもタイプがあります

車庫証明申請をしていると様々な駐車場に出会います。もちろんいずれの駐車場も車庫証明はとれます。以下では典型的な駐車場をご紹介いたします。

 

平面式駐車場
一般的に青空駐車場と呼ばれるもので、地面に直接駐車されるものです。

 

自走式立体駐車場
高度な機械を用いないタイプの立体駐車場です。

 

機械式立体駐車場
エレベータなどの機械設備を使用する駐車場です。

 

書き方シリーズは以下をどうぞ
車庫証明申請書の書き方
承諾書の書き方
車庫証明を行政書士に委任する場合の書き方
自認書の書き方
所在図・配置図の書き方

トップへ戻る