自認書の書き方|横浜市車庫証明代行WEB

自認書の書き方|横浜市車庫証明代行WEB

自認書の書き方|横浜市の車庫証明行政書士高橋事務所

行政書士神奈川県
自分が単独で所有している土地・建物が保管場所である場合に作成して、車庫証明申請の時に添付する書類です。記入に当たってはボールペンで書き込みます。

 

自認書は正確には、保管場所使用権限疎明書と言います。

 

以下で自認書の書き方を述べます。

 

証明申請・届け出

車庫証明申請のときは「証明申請」を◯で囲みます。

 

申請(届出)者が同居する親族の方の場合は、「申請者◯◯は私の同居の子供です。」などと付記してください。

 

 

土地・建物

自分が土地・建物を両方所有している場合は両方を◯で囲み、どちらか片方の所有の場合は、当てはまる方を◯で囲みます。

 

土地(建物)が共有の場合は、「自認書」のほかに、他の共有者全員の承諾書を添付してください。
 
自認書の余白に記入できる場合は、共有者全員の住所及び氏名(押印が必要)を連記することができます。

 

警察署長殿

保管場所を管轄する警察署の名前を記入します・

 

年月日・郵便・住所・氏名・電話番号

 

年月日は書面作成日を記入します。

 

その下は土地・建物の所有者(車の使用者)の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入します。

 

印鑑

土地・建物の所有者の認め印を押します。

 

その他

祖父・父などの名義のまま亡くなって、土地・建物の相続手続きが済んでいないが申請者が管理している場合は「土地名義人◯◯は既に死んでおり、現在私が管理しています」と追記すると申請できます。

 

 

書き方シリーズは以下をどうぞ
車庫証明申請書の書き方
承諾書の書き方
車庫証明を行政書士に委任する場合の書き方
自認書の書き方
所在図・配置図の書き方

トップへ戻る