車庫証明ってどんな時に必要なの?|横浜市港南区の車庫証明

車庫証明ってどんな時に必要なの?|横浜市港南区の車庫証明

車庫証明はこんな時に必要!|横浜の行政書士、車庫証明代行WEB

質問:車庫証明はどんなときに必要なのでしょうか?

 

【横浜市の行政書士高橋事務所の回答】

 

原則として車を新しく取得する時は必要になります。
具体的になよくある事例は普通車を購入しますと新しいナンバープレートを受け取ります。その前提として車庫証明を取得するというのがわかりやすいでしょう。

 

以下の流れの中で車庫証明を取得しておく必要が出てきます。

 

新車購入→車庫証明取得→ナンバープレート発行

 

ここまではあくまでも原則です。
実は車庫証明もあえて取得する必要のない場合があります。

 

行政書士神奈川県

 

車庫証明が不要なケースって?

 

上で見た通り原則として横浜市では車庫証明を取得しなければいけませんが、主に名義変更時に限って車庫証明が不要となる例外がありますのでご紹介いたします。
(※新規登録車両では車庫証明が必ず必要です。)

 

所有権解除(ディーラーから買主の名義になる)
同居の親子間の名義変更(名義が変わっても駐車場は同じ)
同居の夫婦間の名義変更
代表取締役と法人の名義変更(駐車場は通常変更しない)
敷地が同じ法人間の名義変更(役員が同一人物のことが多い)

 

これらのケースで共通していることは、旧所有者と新所有者が代わり、車検証上の住所と新所有者の住所が同じということです。
この場合、車庫証明は要らないという扱いになります。

 

 

車庫証明は平日に二度警察に行かなければならず、費用もかかる。できたらやりたくない手続きであります。

 

これらの例外的な取り扱いを知っておくことに損はないと思います。

トップへ戻る