横浜保土ヶ谷の車庫証明について記載しています。

車庫飛ばしは犯罪|横浜の行政書士、車庫証明代行WEB

車庫飛ばし|横浜市車庫証明代行WEB

車庫とばし、要は別の場所で適正に車庫証明をとるが、その後の駐車は全く異なる所ですることです。

 

 

自宅から二キロ以内に駐車場を設けなければならないというルールを逸脱する行為です。知らず知らず車庫飛ばしをするケースや、故意にするケースなどさまざまですが、正しい知識をもって車庫証明をとるという意識が必要です。

 

 

一般的に車庫飛ばしは次のような事例のことを指します。

 

@会社駐車場にできるでけ車を置きたいがために、一定数以上の部分を車庫飛ばしする。
A他の地域の駐車場代金の安い所を利用したいがために、住民票を移動して車庫飛ばしする。
B好みの地名のナンバーを取得したいがために、住民票を移動して車庫飛ばしをする。
Cトラックなど排ガス規制から免れるために、条例の無いところに車庫をとばす。

 

 

車庫飛ばしの罰則

 

車庫飛ばしには罰則があります。知らなかったでは当然済まされません。

 

 

内容 罰則
虚偽の保険場所申請 20万円以下の罰金
道路を車庫代わりに使用する 3ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金(3点減点)
道路における長時間駐車 20万円以下の罰金(2点減点)
保管場所の不届け・虚偽提出 10万円以下の罰金

 

どんな些細なことでも車庫飛ばし一つで逮捕される場合もあります。理由があれど絶対に車庫飛ばしはいけません。

 

 

犯罪は人の人生を変え、会社の信用や存立までもなくします。正しい知識を身に着けてもらうと同時に安心安全な社会構築に寄与するのはドライバーとしての社会的責任だと考えます。

 

 

 

横浜市の車庫証明|行政書士たかはし事務所|トップページ

トップへ戻る