車庫証明と住所変更登録 | 横浜市の行政書士高橋事務所

車庫証明と住所変更登録 | 横浜市の行政書士高橋事務所

車検証の名変|横浜の行政書士、車庫証明代行WEB

車庫証明を受け取った後って

 

「車庫証明を受け取りました。いろいろ書類をもらいましたがどうするばいいんでしょうか?」

 

一般の方は車庫証明申請にかかわることが当然すくないのでこんな疑問、ありますよね。

 

実は車庫証明が終わったら、「自動車保管場所証明書」は新車登録に使います。警察署で車庫証明を受け取ったら大切に保管してください。

 

引っ越しと車庫証明の関係

 

ここでは引っ越した場合に車庫証明がどういう形でつかわれるかご紹介します。

 

車の持ち主が引っ越しをして住所が変わった場合。

 

このとき車検証の住所を新しい住所にする手続きである変更登録をしなければいけません。

 

これはローン支払い中であっても変わりません。
また、住所の変更があったときから15日以内にしなけらば行けない手続きです。

 

ちなみに住所変更に似た地番表記から住居表示実施になった場合は手続きをする必要はありません。

 

住所変更登録の必要書面

 

では車庫証明が住所変更登録とどうかかわるのか住所変更登録の必要書面をみながら確認しましょう。

 

・申請書
・手数料納付書
・自動車車検証
・変更内容が確認できる書類(住民票など)
・自動車保管場所証明書(通称車庫証明です。)
・自動車税申告書
・所有者の委任状
・認め印

 

そうなんです。住所変更登録の前提として車庫証明をしないと、住所変更登録ができないんです。

 

ですから警察で車庫証明を受け取り→陸運局で住所変更登録をするということになるんです。

 

費用

登録手数料350円とナンバープレート代

 

変更登録はどこの陸運局でするのか?

 

変更登録は新しく使用の本拠の位置となる住所を管轄する陸運局で行います。

 

住所変更は2パターンあって、同一管轄内で住所を移転するものと他管轄に住所を移転するものです。
他管轄に住所移転する場合、ナンバープレートの変更と封印作業が必要になり、車両を持ち込む手間が増えます。

 

自動車税はどうするのか?

 

住所変更登録と同時に自動車税の申告手続きをします。同じ県内の引っ越しであれば自動車税申告書の「住所」と「主たる定置場」の変更をするだけで結構です。

 

自動車税の変更ができたら、自賠責保険の名義も変更することも忘れないでください。

 

トップへ戻る